Pocket

特別展「JOMON」に行く

 

2018年7月3日(火)より、特別展「縄文」が東京国立博物館で開催されました。

 

特別展「縄文 ~1万年の美の鼓動~」

「縄文 ~1万年の美の鼓動~」

力強さと神秘的な魅力にあふれる「縄文の美」をテーマに、日本列島の多様な地域で育まれた優品を一堂に集め、
その形に込められた人びとの技や思いに迫ります。

縄文展ホームページより

 

土偶や土器を見てみたい!

 

朝早く上野へ。
夏休み前だったこともあり、人も少なくゆっくり見ることができました。

 

人形をした土製の焼き物『土偶』

 

土偶は女性をデフォルメした像が多いそうです。

顔を見ると「つり目」をしている(ような?)土偶が多かったです。

「当時の女性はつり目をした女性が多かったのか?」

 

おなかがポッコリ大きくなっている土偶

「妊婦さんだろうか?」

 

教科書でおなじみの土偶『 遮光器土偶 』

水中ゴーグルを着けているように見える。

「当時、メガネのようなものがあったのか?」

 

縄文時代の人はどんな思いで土偶を作ったのでしょうか?

 

土偶は日本各地で発見されています。

私の住んでいる近所で発見されたものもあって驚きました。

 

土で作って、焼き固めた器『土器』

 

土器はほとんどバラバラに砕けた状態で発見されるようです。

 

砕けたカケラをつなぎ合わせて元の形にもどす。

カケラがない部分の形や文様を再現します。

カケラが半分くらいしか残っていないものもありました。

この修復作業はたいへんだったでしょう。。

 

このほかに耳飾りや(赤ちゃん?の)手形・足形、といったものがありました。

 

縄文グッズももりだくさん

 

たくさんの土偶や土器、道具などがもりだくさんでした。

それと同様に縄文グッズももりだくさんでした。

グッズ売り場はゲキ混み・・・・。

土偶のぬいぐるみやTシャツ、バッグやてぬぐい、クッキーや飴などいろいろ。

アクリルペンライトといったかわったものもありました。

 

 

ボタンを押すとピカピカ光ります

 

ピンバッジのガチャガチャがあったので

「 ガチャリ 」

でてきたのは

『 合唱土偶 』

両手を合わせてお祈りをしているような姿の土偶

 

さっそくリュックにピンバッジをつけて帰りました。

 

見ごたえのある縄文展でした。