『ロックマン』生誕30周年 / 日本では『Rockman』米国では『Mega Man』

Pocket

最新作『ロックマン11 運命の歯車!!』が発売

ロックマン11 運命の歯車!!

知らぬ間に30周年を迎えていました。

8年ぶりの完全新作。

今回の作品で11作目です。

 

本シリーズは8年ぶりですが、
その間、派生シリーズがたくさん生まれています。

・ロックマンXシリーズ

・ロックマンDASHシリーズ

・ロックマンエグゼシリーズ

・ロックマンゼロシリーズ

・流星のロックマンシリーズ

他いろいろ。

 

基本アクションゲームですが、
アクション以外の作品もあります(スポーツ、レース、アドベンチャー)

どのボスから倒していこうか?

 

子供のころロックマンを遊んだことがあります。
見かけによらず難易度が高いです。(クリアしていません)

初代ロックマン~ロックマン3しかプレイしたことがありません。どれも難しく、これ以降のロックマンシリーズはすべてお断り。

 

 

ゲームシステムとしては基本的にボスを倒して特殊武器をゲットする。

その武器はどれかのボスの弱点になっている。

弱点となる武器で戦えば比較的簡単に倒せるが、手ぶらで戦えば苦戦を強いられる。

どのボスから順番に倒していくか?と考えながらプレイする。

キン肉マンのような個性的なボスたち

 

カッターで攻撃→カッターマン

ファイヤーストームで攻撃→ファイヤーマン

アイススラッシャーで攻撃→アイスマン

名前もシンプル。

 

ボスは「◯◯マン」と呼ばれています。(ほとんど)

子供のころ、ロックマンをこう思っていました。

 

「キン肉マンの超人みたいだ!」

 

キン肉マンとは

少年ジャンプで連載されたプロレス系格闘漫画。

キン肉マンには「超人」と呼ばれるキャラクターがいます。

ラーメンマン、ベンキマン、ケンダマン、ティーカップマン他いろいろ。
姿や技に個性があるキャラクターがたくさん登場します。

キン肉マン(Wikipedia)より

 

 

ベンキマン

ケンダマン

 

 

キン肉マン好きだったので、ボスが超人のように見えました。

海外でも人気『ロックマン』/別名:『メガマン』

 

ロックマンシリーズは海外でも人気があるゲームです。
ロックマンシリーズは日本国内だけでなく海外でも人気を得ているのですが、タイトル名が変わっています。

 

Rockman → Mega Man

 

ロックマンが海外で『Mega Man』のタイトル名に変更された理由は、いろいろあるようですがどれが本当なのかわかりません。

 

・英語で「岩男」の意味にとらわれてしまう

・1940年代に描かれたマーベルコミックに『Rockman』というヒーローがいた

・当時のカプコン副社長「Joseph Morici」氏が『Rockman』というタイトル名が気に入らなかった

・アメリカには「Rock」というキケンな薬がある

 

また、日本と海外(北米・欧州)でのパッケージデザインが違います。
ですが、似ても似つかないほどダサいデザインになっていることで有名です。

本家 ロックマン

 

日本版

 

北米版 Mega Man

 

北米版

 

・ロックマンがワイルドなオッサンに変身しています。

・ロックバスター(腕が銃の形)になっているはずなのですが、

なぜか拳銃を持っています。

・メットやスーツがまったく違います。

 

少年のようなロボットがオッサンのように見えるのでしょうか?
デザインした人はこのゲームをプレイしたことがあるのでしょうか?

 

欧州版 Mega Man

 

欧州版

 

・ロックマンは青年のように若々しく見えます。

・昭和レトロタッチのデザインになっています。

・こちらは腕がロックバスターになっています。

 

さいごに

 

デザインは違うけれど、中身は同じです。