得体の知れないスポーツ「eスポーツ」

Pocket

「e スポーツ」という得体の知れないスポーツ

 

アジアオリンピックのメダル種目として認定されたことで、「eスポーツ」という言葉を聞くようになりました。

「eスポーツ」と聞いても何のスポーツなのかわからない人がたくさんいると思います。

日本ではまだまだ知られていない「eスポーツ」ですが、海外では立派なエンターテインメントになっています。

大規模な大会も数多く開催されています。

 

「eスポーツ(esports)」とは、「エレクトロニック・スポーツ」の略。広義には、電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉であり、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称。

一般社団法人日本eスポーツ連合 より

 

ゲームはスポーツなのか?

 

今、このスポーツについて紹介するブログやニュースがたくさんあります。

みんな言っていること

 

「ゲームはスポーツなのか?」

「eスポーツは日本で流行るのか?」

 

スポーツとは、一定のルールに則って勝敗を競ったり、楽しみを求めたりする娯楽の総称である。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

総称とあるので、ゲームもこのスポーツの中に入るのかと思うのですが、

スポーツに対する日本と海外の考え方に違いがあります。

 

日本では、スポーツと言えば、野球、サッカー、マラソンなど、全身を積極的に動かすものというイメージが強い。

なので、ゲームはスポーツだというイメージが薄い。または、ほとんどない。

さらにゲームは良くないイメージが強い。

 

 

これはスポーツ?

 

ゲームをしても「お金と時間の無駄」だと思う人がたくさんいるでしょう。

 

「やると頭がバカになる」

 

わたしはゲームで遊ぶのですが、「バカ」ではないです。

※ただ、持病で光に弱いです。
昔、ゲーセンで対戦ゲームをプレイ中に、発作を起こし、ケガをしたことがありました。
それ以来対戦ゲームをすることがなくなりました。

 

ゲーム依存は病気と認定

 

先日、ゲーム依存は病気だと認定されました。

世界保険機関(WHO)は6/18、オンラインゲームなどに没頭して健康や生活に深刻な支障が出た状態を「ゲーム障害」(ゲーム依存症)という病気に位置づける「国際疾病分類(ICD)」の最新版を公表した。

Engadget 日本版

 

以前からゲーム依存は病気だと言われていました。

「ゲームは1日1時間」

「子供が暴力的なゲームをすると暴力的になる」

といわれたこともありました。

 

しかし、日本や米国のゲーム業界団体は

「ゲームをしても暴力的にならない」、「ゲームに依存性はない」と反対しています。(まず、認めたらゲームが売れなくなる)

 

なんでも依存することはよくありません。(アルコール、ギャンブル、薬物などいろいろ)

こういうことがあると

 

ゲーム=病気

 

と考える人が増えるでしょう。

「良くないゲームをスポーツと呼ぶのはいったいどういうことだ!」

と愚痴る人も増えるでしょう。

 

ゲームはスポーツではない

 

わたしはゲームが好きですが、

「ゲームはスポーツではない」と考えています。

やっぱり日本人だからでしょうか?

 

スポーツではなく、ゲーマー同士が対戦する。その対戦を観戦できる。

 

「ゲーム大会」

 

「ゲーム王選手権」

 

と呼んだほうがいいのでは??

 

オリンピックのメダル種目として認定されたことでこのスポーツについて詳しく紹介されるようになりました。

しかし、認定されていなければ、日本では得体の知れないスポーツのままだったと思います。