「 ストレス 」と戦え!『ダーケストダンジョン』わたしはストレスに負けた

Pocket

「 ストレス 」と戦うゲームに出会う

 

 

 

2016年にSteamでリリースされ150万本以上のセールスを記録し、
海外のゲームアワードで数々の賞を受賞したローグライクダークファンタジーRPG

『ダーケストダンジョン』がついに日本語版で登場!

Darkest Dungeon(ダーケストダンジョン)日本版公式サイト

 

このゲームを知ったのは日本語版が発売される数日前、
なにげなくゲームを紹介するサイトを見ていたときに発見しました。

 

「 ??? 」

 

「 ストレス 」と戦え!

 

「 敵 」と戦え!ではなく「 ストレス 」?

 

「 一番ストレスがたまるのはヒーローではなく、プレイしているあなた自身でしょう! 」

 

かわったゲームあるなぁ~と面白そうだったので

発売日当日、買ってきてさっそくプレイ・・・・。

 

「 画面が暗くて見づらい 」

 

この暗い感じはこのゲームの雰囲気に合っています。

 

私が買ったのはPSVita版

画面が小さいので暗くて文字が見づらいです。

しかし、Vitaなら携帯できるので、少しの空時間でもすぐできます。

スリープモードがある。

このスリープモードを挟みながらコツコツと進められます。

 

オプションで明るさ全開

 

これでやっとプレイできる。

 

「 ストレス 」ゲームに挑戦

 

敵を倒して経験値をかせいで育てていくのではなく、

雇ったヒーローは使い捨て。

誰を生かして誰を捨てるかを考えながら進めることができます。

 

 

仲間とパーティーを組んでダンジョンを攻略するのですが、

まさにこのゲームのテーマである

 

「 ストレス 」と戦え!

 

このストレスがこのゲームをさらにむずかしくさせます。

 

ダンジョンに入るだけでストレスが溜まる。

敵と戦ったり、お腹が空いてもストレスがたまる上、

ストレスが溜まりすぎてしまうと、思い通りには動かなくなります。

 

これが重要。

 

ストレスはあっという間にたまってくる。

たまりすぎると精神崩壊。

 

 

崩壊したヒーローは

いうことを聞かなくなるわ

味方に攻撃してくるわ

宝物を盗むわ

 

有名なRPG ドラクエの

「 メダパニ 」

(より悪質)

 

ヒーローの暴れっぷりにおどろいきました。

こうなると難易度が一気に増す。

 

精神崩壊しても進めることができるのですが、さらにたまりすぎると死んでしまう。

 

いかにストレスを管理しながら戦っていく。

 

現実でもストレスを発散しながら生活しなければ

このゲームと同じように「精神崩壊」してしまうでしょう。

 

説明にあるように

 

「 ストレス 」

 

と戦うゲーム

 

「 もう体力がないから引き返そうか? 」

 

「 もう少し体力があるから進もうか? 」

 

と悩むゲーム

 

でも、こんな恐ろしく理不尽なゲームをしたことがないので苦しんで遊んでいます。

しかし、無事に攻略できた時、すごい達成感があります。

 

プレイヤー精神崩壊する

 

日本語版には特典として

追加DLC「 The Crimson Court(クリムゾンコート)」とサウンドトラックがついてきます。

ダンジョンが増える、ヒーローも増える、ボスも増える

 

ゲームにもなれてきたし、ためしにやってみよう!

軽い気持ちでダウンロード。

 

プレイしてみると

 

「 !!!! 」

 

ただでさえむずかしいゲームなのだが、さらにむずかしくなった。

 

「精神崩壊」

 

ストレスに負けた。

私にはムリ。

調べてからやればよかったとおもっても後の祭り。

 

悲しいのですが、最初からやり直して遊んでいます。

 

気づいたこと

 

ロード時間

 

PSVita版だけなのでしょうかロード時間がかなり長いです。

けっこうストレスがたまります。

 

コントローラーのボタン配置

 

海外版のゲームは日本版のゲームと違いところの1つとして

コントローラーのボタン配置がちがいます。

 

日本では一般的に A:決定 B:キャンセル

 

となっているのですが、

 

海外では一般的に A:キャンセル B:決定 

 

と逆になっています。

日本のボタン配置になれてしまっているので、少々操作しづらい。

 

この設定を変更できるようにしてほしかった。

 

 

つまらない

 

難易度が高いゲームのレビューで「難しいからつまらない」と評価する人がいます。

 

難しいといわれるゲームが難しくなくてどうするの?