「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」(隻狼)ただいま参上

Pocket

忍者アクションゲーム「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」(隻狼)が発売しました。

みなさんプレイしていますか?

それとも売ってしまいましたか?

 

隠れ身の術

このゲームを知ったのは約1ケ月前。

何か面白そうなゲームはないかと探していると、「SEKIRO」というゲームが隠れているのを見つけました。

トレーラーを見て

「なんかすごいゲームが出るんだな」

「死にゲー」と言われているフロムソフトウェアの
名作「ダークソウル」シリーズや「ブラッドボーン」の流れを汲むゲームとして

「SEKIRO」は発売前からすでに脚光を浴びていました。

また、海外からも注目をされていました。

 

「ダークソウル」や「ブラッドボーン」という名前は知っていますがプレイしたことがありません。

レビューを見ると

難しくて「つまらない」、「面白くないので明日売りにいきます」と低評価をつける人がたくさんいます。

逆に、「難しくて面白れぇ~」、「ボスを倒せた時の達成感がすごい」と高評価をつける人もたくさんいます。

 

人間イロイロ、好みもイロイロ

 

「死にゲー」といわれるのだから難しいのが当たり前(つまらないのはシステム等の他の理由か?)

ちょっと気になったのでこのゲームのことを調べてみました。

 

 

気になったポイント

主人公は「忍者」

ソウルシリーズは「洋風」のアクションRPG

SEKIROは「和風」のアクションアドベンチャー

RPGではないのでレベルを上げて戦うとか、武器を強化するとかする必要がない。

「忍者」好きの私にとって気になる。

 

フロムソフトウェアから「天誅」という忍者ゲームが発売されています。

天誅シリーズ

諸事情により大元の開発会社から離れてリリースされた。

時代劇的要素との絶妙なミックス等、見どころ満載の忍者ゲームの総本山。

「必殺仕事人」好きの人にオススメ。

Wikipedia

武器が刀と義手のみ

ゲームのきもとなる武器

「義手」

義手に手裏剣や斧や槍などさまざまな武器を仕込み、切り替えて戦う。
鉤縄を使ってビヨ~ンとすばやく高所や離れた場所へ移動できる「ワイヤーアクション」
この「からくりアーム」がカッコイイ。

漫画「ベルセルク」のような(←大砲とボウガンのみ)・・・
ゲーム「デビルメイクライ」のネロのような・・・

「体幹」と呼ばれる不思議なゲージ

「ソウル」シリーズや「ブラッドボーン」のスタミナゲージを撤廃し、「体幹」というシステムが導入された。

たい‐かん【体幹】

体の主要部分。胴体のこと。また、その部分にある筋肉。コア。

goo国語辞書

攻撃を当てたり、攻撃を弾くことによって「体幹」にダメージを与えることができる。
一定以上のダメージを与えることで、体勢が崩れて隙ができ、命を刈り取る容赦ない一撃を食らわすことができる。

登場する多種多様なボス

大きな薙刀をブンブン振り回しながら霧の中に隠れる破戒僧。

部屋中をピョンピョン飛び回る元気なおばあちゃん。

その中でいちばん気になったのは

火のついた俵をくくりつけた巨大な

 

「豚」!!!!

 

走り回っている姿は迫力があります。

※本当は豚ではなく牛でした。(火牛)

 

調べてみるといろいろ分かりました。

「なんかコレいいね~」

この気になるゲーム

「SEKIRO」

このゲームに「死にゲー」初心者が挑戦してみたいと思います。

はたして、このゲームをクリアすることができるのでしょうか?

そして、何回死ぬのでしょうか?