ゲームにハマって、さあたいへん!

Pocket

 

「ゲーム依存症」を病気と認定

 

世界保険機関(WHO)は2018/6/18、オンラインゲームなどに没頭して健康や生活に深刻な支障が出た状態を「ゲーム障害(ゲーム依存症)」という病気に位置づける「国際疾病分類(ICD)」の最新版を公表。

2019年5月の世界保健総会での加盟国採択とその後の発効を控え、海外ゲーム業界団体ESA(Entertainment Software Association)は、
WHOに対しゲーム及び業界についての理解を求めるため会談を実施した。

Game Spark より

 

という記事が載っていました。

認定撤回を求めて会談を実施したと思うのですが、
「ゲームをするのは楽しいよ!」ということは理解してくれるのだろうけど、撤回することは無理。

 

ゲームをすることはよくないことだという人もいます。

暴力的なゲームで遊んだ子どもは「攻撃的」になる。

ゲーム=悪とイメージする人もいます。

 

ゲーム依存症とは

有害なことが起きても執着をやめない行動障害

①ゲームの時間や頻度をコントロールできない

②日常生活でゲームを最優先する

③こうした行動が1年以上続く

 

などの条件に当てはまると、ゲーム依存症と診断される可能性があります。

 

ゲーム依存症とは趣味依存症?

 

ゲーム依存症は別名:スマホ依存症ともいわれています。

 

スマホひとつでいろいろなゲームができます。

サっと取り出して、サっとゲームができるので、ちょっとした暇つぶしに遊ぶことができます。

ハマってしまうと、楽しいので時間を忘れて遊んでしまうでしょう。

 

依存とは「他に頼って存在、または生活すること」

そして依存症とは「ある物事に依存し、それがないと身体的・精神的な平常を保てなくなる状態」

 

誰でも趣味の1つや2つあると思います。

やっぱり楽しいと熱中し、のめり込んでしまいます。

それがエスカレートして、お金を使い過ぎてしまう、体調を悪くしてしまう等、
日常生活に悪影響を及ぼしてしまいます。

この場合、ゲームではなく趣味

 

「趣味依存症」というのではないでしょうか?

 

ゲームはコンティニューできる

 

韓国ではゲームをしすぎて死亡したという事件が起きています。

86時間連続でネットゲームをプレイし続けた男性が死亡するという事件が起きた。

現地警察は「激しい疲労」が死因と見ている。

男性は3日半以上にわたって連続でネットゲームに没頭していたらしい。
従業員によると、男性は死亡していたのが見つかった1時間前にトイレで気を失って倒れていたが、
意識を取り戻すとすぐにゲームを続行したという。

 

「ゲームはリセットできるが、現実はリセットできない」

とよく言われています。

 

この男性はネットゲームにハマってやめられない状態になっていたと思います。

しかし、激しい疲労をしていることも分からないくらい楽しいゲームだったのでしょうか?

 

どんなゲームだったのでしょうか?

 

ゲームは1日1時間!

 

わたしもゲームをします。

ハマってしまい何時間も遊んでしまうことがありました。

なんでもやりすぎはよくないです。

 

ゲーム界の巨匠・高橋名人の名言

ゲームは1日1時間

という言葉があります。

 

1日1時間とはいかないけど

・ゲーム時間の上限を決める

・寝る前はゲームをしない

・約束を破ったらゲーム機やスマホを取り上げる!

などの対策からやってみるのがいいかもしれません。

 

あとあと後悔しないように・・・