知っていますか?『ゲームボーイ』じゃなくて『ゲームボーイカラー』

Pocket

このゲーム機には
GBA(ゲームボーイアドバンス)用のゲームだけではなく、
GBC(ゲームボーイカラー)用のゲームも収録しています。

 

 

そもそもゲームボーイカラーってなに?

 

「GAMEBOY COLOR」ゲームボーイカラー

1998年10月21日に任天堂が発売した携帯型ゲーム機。 略称はGBC

 

液晶は最先端の反射型TFTカラー液晶を使用

従来のゲームボーイ用ソフトはカラー表示(4~10色)でプレイ可能
自分の好きなカラーを選ぶこともできます

 

ゲームボーイカラー専用及びゲームボーイ&カラー共通ソフトでは、
よりカラフル(32000色中56色同時発色可能)な画面で遊べます

新たに赤外線通信機能も標準装備

 

収録ゲームの一部を紹介

GB版 スーパーロボット大戦F 完結編

 

『スーパーロボット大戦F完結編』(以後『F完結編』)は、バンプレストから発売されたシミュレーションRPG。

このゲームはセガサターン(SS)版とプレイステーション(PS)版にしかないのですが、

なぜかゲームボーイ(GB)版に

バージョンダウンして帰ってきました。

 

GB版『F完結編』のいいところは

 

まったくありません

 

SS版とくらべると、画質、音質がめちゃくちゃ悪いです。(もちろん文字は中国語)

 

/col2]

 

ゲームボーイカラー(GBC)はGB用のソフトも動作します。

その際に、4-10色のカラーを割り当てる機能があります。

しかし、色は単調。

 

 

このゲームの魅力の1つである本格アニメーション戦闘シーン。

それが、なくなっています。

ビームを撃つなどのエフェクトが同じデス。(近距離・遠距離)

 

 

ロボットたちは同じビーム砲を装備しているのでしょうか?

 

問題は読み込み時間がけっこう長い。
(画面切り替えの時間などが長いと、イライラしてしまう人が多い)

また、戦闘シーンをスキップできないのがつらいです。

 

これはスパロボなのか?

スパロボのようでスパロボではない。

そんなロボット大戦ゲーム。

 

このゲームをプレイして楽しいという人なかなかいないとおもいます。

このGB版をプレイするのはやめたほうがいい。

PS版 最低価格:中古 ¥ 5 より