それ(てんかん)は突然やってきた 学生編1

Pocket

「てんかん」という病気を知っていますか?

「てんかんは、突然意識を失って反応がなくなるなどの「てんかん発作」をくりかえし起こす病気」

 

初めて、てんかんの症状がでたのは高校生の時、突然、倒れてガクガク震えるおかしな症状が出ました。

しかし、まさか「てんかん」だとは気づきませんでした。


この時は「てんかん」という言葉すら聞いたことありませんでした。

 

それは突然やってきた

 

初めて起きるまでは、何事もなく平凡な学生生活を送っていました。

不満に思っていたことは学校に行くまでの距離が遠い。自転車通学なのでけっこうしんどかったくらい・・・。

高校生になると学校がつまらないとか刺激的な生活を送りたいとよく言いますが、
私は別に刺激がある生活を送りたいとは思っていませんでした。

ただ面倒だからしないだけ。

 

「平凡は退屈だ」と言われるが、実は平凡な人生を送れることはけっこう幸せなこと

だと病気になってから思う。

 

事件は高校2年生のとき

 

高校2年のとき、テスト中に倒れました。

救急車を呼んで病院へ運ばれました。
私は何が起こったのか全くわかりません。気づいたら病院にいるので驚きました。

 

「あれ? ここはどこ? たしか学校にいたはず?」

 

頭がガンガン痛いし、ふらふらして歩けない。

今までこんなことが起きたことがなかった。自分が倒れてしまったことが信じられなかったです。
その後、病院でしばらく寝て、その日のうちに帰りました。

いつも親に迷惑をかけっぱなしなのですが、また迷惑をかけてしまった。
親に今日、起きた出来事を伝えるとびっくりしていました。

 

今までこんなことがなかったのに・・・ 

 

次の日、なぜか身体中が筋肉痛、歯が痛い。

友人に倒れてしまったとき、どんな感じだったか聞くと

「歯をくいしばり、強直(かたくこわばること)したままバタッと倒れた」

強直が原因で筋肉痛とかになったんだろう。

しかし、身体や歯が痛いよりも変な姿をみんなに見られたことがすごい恥ずかしかった。

 

原因は熱中症??

 

事件が起きたのは8月、

夏で暑かったので、原因は熱中症だと思っていました。

 

意識を失ってガクガクとけいれん。

 

体調はすぐに回復。

身体中は筋肉痛でしたが、テスト期間中だったので次の日、学校に行きましたが・・・。

 

先生:なんで来たんだ!家に帰れ!」

私:「はぁ?」

嫌な顔をして言われたことを今でもはっきりおぼえています。

こういう嫌な思い出は記憶に残ります。一気にテンションが下がりました。

サッサと帰りました。

 

 

 

なぜこんな事件が起きたのか不思議でした。

 

コメントを残す