相撲協会の体質は腐っている?ズレている?

Pocket

相撲協会の体質は「古く腐っている」

 

相撲は好きですか?

 

大相撲夏場所十三日目、朝乃山と栃ノ心の一番で物言いがつき、6分余りに及ぶ協議の結果、行司軍配差し違えとなった。

ビデオ判定ではなく、「目の前が正しい」と審判員の目を優先したという。

そのため相撲協会に抗議の電話が殺到。

また相撲ファンを怒らせてしまった。

 

ダラダラと協議中、観客はイライラ、力士はドキドキ。また説明もよく分からない。

こんなことばかりしているから
相撲協会の体質は「古くて腐っている」、「世間とはズレまくっている」と言われています。

こういうのを見ているとある漫画を思い出します。

 

仮面をかぶった横綱 「播磨灘」

 

『ああ播磨灘』

 

野球やサッカーを題材とした漫画は多いが、相撲を題材とした漫画は非常に珍しいです。

天下無双の横綱はその名は「播磨灘」

この力士は次から次へと問題行動を起こし、相撲協会を怒らせてしまいます。

横綱になっての初土俵入りで仮面をかぶって入場。

 

 

「双葉山の69連勝を破る」

「どんな手を使って負けてもその日限りで引退する」と宣言。

相撲界に激震が走る。

 

播磨灘
国技といってもしょせんは見世物。
客が喜べばええんとちゃいますか?

 

協会から仮面を脱がなければ「即、除名、廃業させる」と言われても脱ぐことをやめない。

観客からは罵詈雑言を浴びせられても知らん顔。

毎回、違った仮面をかぶる。
その仮面から炎が出る!花火が打ちあがる!

また、神輿に乗って入場、しまいには空を飛びながら入場します。

このプロレスのような入場に怒っている人が多いが、子供にはけっこうウケている。

 

 

対戦相手を徹底的に叩きつぶす、非人道的な取り口。

相撲界の格式、伝統を破壊していく横綱「播磨灘」

 

播磨灘
伝統? じゃあ、能なしでも元横綱、大関というだけで協会の幹部になれるのも伝統でっか?

 

しかし、破天荒な力士が現れたことで観客が殺到し、いつも満員御礼状態。

相撲協会をボコボコにしていく力士。

「播磨灘」のようなトンでもない力士がいたらもっと盛り上がるだろう。
(絶対いないだろうが)

読むと強くなる横綱漫画 です。

しかし、相撲協会の方がこの漫画を読んだら、きっと不愉快になるかも?

ちなみにこの漫画はアニメ化されています。
またゲーム化もされています。(巷では○○ゲー呼ばれています)