危険な自転車のながら運転

Pocket

今日は雨が降っています。風も強いです。
こういう雨の日は事故が起こりやすいです。

 

危険な○○○ながら運転

 

高校生の時は自転車通学でした。


田舎のなので補そうされていない道や林の中を通っていくのですが、
雨の日は滑って転びそうになったことが多かったです。

坂道を降っている時に滑って、そのまま田んぼに落ちたこともありました。

泥だらけ。

運の悪い時は滑って、頭をぶつけてケガをしたこともあります。

雨の日は滑りやすいのに傘をさしながら自転車に乗っていました。
けっこう前が見えづらいし、片手運転なのででふらつく。

そのため、すぐに止まれません。

 

運転中、ちょっと前が見えなくなった瞬間、 走ってきた車に気づかず、
ぶつかったこともありました。

 

運よく大ケガにはならなったけど、けっこう痛かった。
今思えば、けっこう危険なことをしていたんだと思う。

 

自分からぶつかることがあるなら、逆に相手からぶつけられることもあります。

 

当たり前ですが、雨の日は傘をさしながら自転車に乗るのは危険です。

ついつい傘を持って自転車に乗ってしまいますがカッパがいいと思います。
運転しづらいくなるかもしれないけど・・・。

時間がかかるけど走っていくのもいいかな?
(私の通っていた学校はかなり遠いので歩きでは無理)

 

危険道路交通法で自転車の傘さし運転も罰金をとられるようです。
罰金でお金をとられるなら何かで使ってしまったほうがいいでしょ?

 

「ながら運転」絶対にやめよう

 

歩きながらスマホを見ている。車を運転しながらスマホを見ている等々….

スマホの画面に気を取られていたことでに事故になるということ増えています。

 

「ながらスマホ」が社会問題になっています。

 

けっこう昔になりますが、この「ながら運転」で死亡事故が起きました。
ニュースでスマホを操作しながら電動自転車を運転して、歩行中の女性をはねて死亡させてしまった事故。

 

『事故当時、学生は左手にスマホ、ハンドルに添えた右手に飲料カップを持ち、左耳にイヤホンをしていた』

 

みんなこの常軌を逸した運転に「どうやって運転していたんだ!?」と驚いていました。

この事故も「ながら運転」で起きた事故です。

この人の場合、スマホ操作しながら&聞きながら&飲みながら運転

 

「ながら運転」で事故を起こしてしまった

 

この運転をしながら転んでケガをしたり、田んぼに突っ込んでケガをするなど、自分1人で事故を起こしてしまった!
それなら痛い思いをするのは自分だけで済みます。

人を巻き込むような事故を起こせば、たちまち大変なことになります。

なによりも巻き込んでしまった相手にもうしわけありません。

事故がニュースにでもなれば、今はネット時代です。

事故を起こした人がどんな人物なのか調べられます。

 

こういう悲惨な事故が起きると、まず事故を起こした人の名前を調べると思います。

というか、気になって調べたくなっちゃう

スマホで

 

「◯◯の事故 犯人 名前 」

 

そして、あっという間に自分の顔や住所までネット上にさらされることになります。

さらに家族や友人、多くの人を(二次被害?)巻き込むことになります。

 

ながらスマホで自転車事故 元女子大生に有罪判決

 

先日、この事件に関するニュースがありました。

 

自転車「ながらスマホ」死亡事故 有罪判決

去年12月、大学生だった女が、いわゆる「ながらスマホ」で自転車に乗り、女性に衝突して死亡させた罪に問われている裁判で、横浜地裁川崎支部は27日、禁錮2年・執行猶予4年の有罪判決を言い渡した。「運転態度は自己本位なもので、被告人の過失は重大だ。自らの運転態度に対する内省は深まっていない」一方で、「生命危害の危険性が特に高い運転態様とまではいえない」などとして、禁錮2年・執行猶予4年の有罪判決を言い渡した。

ホウドウキョク

 
 
 
刑が軽すぎると多くの人がいっています。
 
しかし、この件で、再び実名がでてしまいました。
みんなにいろいろと調べられると思います。
 
 
「 どこに住んでるの?」とか・・・
 

コメントを残す