インフルエンザとお付き合いはじめました

Pocket

2018年度のインフルエンザはすごいですね。今でも流行しているようです。

会社を休む人や学級閉鎖になる学校も増えています。


予防接種をする。こまめにうがい手洗いをする。
出かけるときはマスクをする等、
  予防方法はたくさんあります。

 

インフルエンザになるときはなります!

 

それじゃあ、なったらどうする?

 

家族の一人がインフルエンザになってしまいました。


二日後、なんと私も熱が出てきました。

体温計で計ってみたら40度。

こんなに熱がでるのは初めて。

まさか私もインフルエンザになるなんて思いませんでした。

 

今度は二人そろって寝込みました。

 

喉が痛い!頭がガンガンする!という症状はありませんが、

すごいだるい

だるくて動くのがしんどい。何もせずに寝ていました。

 

寝ていれば治ると思っていたのですが、
ひたすら寝ていても、熱が全然下がらないので病院へ行くことにしました。

病院まではバスで移動開始。

 

病院に無事到着。

 

本当にインフルエンザなのか?

 

病院に入ってみると私と同じようにマスクを着けてぐったりしている人がたくさんいました。
病院の待合室には小さい子からお年寄りたくさん。

やっぱり相当はやっているんだなと。

「検査しますね!」

と言って、細長い綿棒なようなものを鼻の穴にいれてグリグリ。

先生:「ちょっと痛いですよ~」

私:「そのまえにとっくにグリグリしてるじゃん・・・・」

けっこう痛い。


なぜ鼻に綿棒を入れるのか?

喉からでもいいのでは?

聞けば、鼻から粘液をとって調べるほうが結果がすぐ分かるようです。

検査の結果が陰性だったとしても実はインフルエンザだったということがけっこうあるそうです。

 

検査の結果、私はインフルエンザだと分かりました。

でも、回復傾向にあるので今から薬を飲んでもあまり効果はないから、薬を飲む必要はないだろうと診断されました。

インフルエンザになったらすぐ病院へ行く!

 

すぐ病院へいったほうがいいです。
つらい思いをしなくて済むし、悪化する場合もあるので行ったほうがいいです。

知人の中には、病院が嫌いなので病院には行かず、ひたすら寝て治したという人もいました。

 

病院の帰り、バスで帰ろうとしたのですが、ちょうどバスが行ってしまった。

次のバスが来るまでけっこう待たないといけない。

早く帰りたかったので、歩いて帰ることにしました。

初は普通に歩けたのですが、身体が重い。さらにフラフラして歩きにくくなった。

しまいには、転んで草むらの中へ落ちてしまった。

草むらに落ちて

「俺、なんでこんなことしてるんだろう?」

と悲しいというか逆におかしくて笑ってしまう。

歩いては休み、歩いては休み・・・。
何とか無事に家にたどり着くことができました。

しかし、かなりの時間がかかってしまった。

 

きちんとうがい手洗いをして布団に入ってひたすら寝る。
熱はだんだん下がっていき数日後には体調は良くなりました。

これでインフルエンザとのお付き合いも終わりました。

「インフルエンザの感染力はすごいです」

油断しているとあなたもインフルエンザになってしまうかもしれません

 

コメントを残す