「レジンで何を作ろう?」 『サボテン』編

Pocket

初レジン

今回、ビビッときた物体には「レジン」が使われている。

今までレジンを使ったことがない。

いきなりは無理そうなので、試しに何か作ってみることにした。

何を作ろう?

サボテン

簡単にできそうなものを探してみる。

探していると気になるものを発見!

それは・・・

「サボテン」

西部劇でおなじみのサボテン(日本名:弁慶柱)

デフォルメされたサボテン。

これにチャレンジ!

サボテン作りに挑戦

レジンの使い方はネットで調べればすぐ分かった。

作業工程をざっくり

①サボテンの原型を樹脂粘土で作る

②原型をプラスチック粘土で型をとる

プラスチック粘土
60℃以上のお湯で粘土のように柔らかくなって自由自在に成形ができ、冷めると固まる不思議なプラスチック

③型に色をつけたレジン(UVレジン)を流し込む

UVレジン
UVライト(紫外線照射器)に入れて、紫外線(UV)を当てることで固まる 「紫外線硬化タイプ」 のレジン

④固まるまで待つ

⑤型からとりはずす

⑥とりあえず完成

完成

サボテン

花と植木鉢は粘土で作成

簡単にできそうなのですが、レジンを流し込むときに気泡が入ったりする。