「IT “それ”が見えたら、作る」 『ペニーワイズ』編

Pocket

映画「IT / イット “それ”が見えたら、終わり」を観た

劇場版

解説
1990年に映像化されたスティーヴン・キングのホラー小説を、『MAMA』で注目を浴びたアンディ・ムスキエティ監督が映画化。静かな田舎町に突如現れた正体不明の存在が、人々を恐怖に陥れるさまが描かれる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

ホラー映画としては怖くはなかったです。
※デカい音にびっくり

テレビドラマ版

本当に「ピエロ恐怖症」というのがあること。
また、1990年にテレビドラマシリーズとして放映されていたということも知りました。

ペニーワイズ

「典型的なピエロといった道化師の出で立ちをした悪魔」
ということなのですが・・・

(上がテレビドラマ版/下が劇場版)

劇場版とテレビドラマ版で姿がかなり違う!

テレビドラマ版の笑顔でふざけて人を笑わせるような感じがまさにピエロ。
こちらのほうが精神的な怖さがあるような気がします。

このテレビドラマ版のペニーワイズに

ビビッときた。

初心者でも上手に作りたい。
早速、チャレンジ!

ピエロを作る テレビドラマ版 ペニーワイズ

樹脂粘土で少しデフォルメして作成

※上半身のみ

テレビドラマ版のペニーワイズが完成。

「・・・・」

笑っているような?びっくりしているような?表情。

まあ、奇妙な雰囲気は出ているような?

ペニーワイズを起こしてみる

実は、これを作ったのは2018年。

今(2021年)どうなっているのか?

押し入れの中に眠っていたペニーワイズを起こしてみた。

 

ほこりをかぶっていました。それに少しベトベト。

今でも、笑った?びっくり?した表情をしていました・・・。